コラム

手すりの設置基準

バリアフリー用に手すりを設置するご家庭が増えてきていますが、一方で建築基準法には手すりの設置基準に関する細則がきちんと記載されています。
一般の手すりと階段の手すりに分けられており、一般の手すりとは階段以外の場所で用いられている手すりの事で、主に屋上やバルコニー、ベランダなどで使用されているもので、その場所には高さが1.1メートル以上の手すりや壁、又は柵を設けなければならないとかかれて居ます。

階段の手すりに関してはその名のとおり階段に設置される手すりの事を示していて、階段からの転落防止などを目的として定められているものです。
階段の幅が3mを超えるような広い階段では、その中間点に手すりを設ける事が定められていますが、良く見かけるのは駅や公園などの公共設備の階段です。
しかし、適用除外もありますが高さ1m以下であれば設置しなくても良いとされていますが、安全の為には設置が好ましいと思われます。

バリアフリーに関する手すりは記載が無いので、危険だと感じた場所には設置をしていく事が必要です。特に高齢者の転倒事故が多発する浴室、トイレ、階段では重点的に設置が必要です。設置場所に関しては、手すり取付業者と相談して決めれば安全を確保することが出来ます。

0800-805-7623

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7623

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

下枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0800-805-7623

24時間365日、日本全国受付対応中
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

下枠

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。