設置する壁の種類 | 手すり取り付け:1箇所1万円&調査無料・プロ対応|手すり110番

コラム

設置する壁の種類

手すりは、歩行の安全面を補助するものです。
そのために、人の体重を支える役目もあることから、取り付ける根本の問題も安全第一に考えなければなりません。

つまり、とりつける壁の状態を確認する必要があるということです。

手すりの素材や、太さによっても、取付金具が決められてくる為に、種類によって変わってくることが多くあります。

また、階段などの傾斜がある場所への取り付けは、さらに強度がつよいものでないといけない為、設置するための金具が多く必要とされます。

設置する壁の種類は、その下地として、補強が必要になったり、場合によっては、 設置が出来ないものもあるので、確認が必要です。

壁の内側がどういった、構造であるかも確認して置かなければ、本当の強度がどの程度のものか確認できないので、その面も知る必要があります。

石膏ボードによる壁の場合は、マンション住宅などに多いのですが、断熱効果がありある程度の丈夫さがあるので、好んで、用いられます。
この場合は、実は、石膏ボード自体に強度があるわけでは無いので、手すりを直接設置することは、出来ません。なので下地に補強材を入れる必要があります。

真壁と呼ばれる和室等に用いられた壁は、気柱がそのまま外壁に露出しています。
主に表面として出ている合板を、塗料処理している状態です。

こちらも、強度の問題から手すりをこのまま取り付けることは難しく、 ペースプレートなどを柱に渡して、手すりを取り付ける必要があります。

このように、壁の素材によって、対応も変わるため、しっかりとした、壁の現状確認をするひつようがあり、その確認作業をすることで、初めて本当の安全性を持つ、手すりが作成できるのです。

0800-805-7623

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7623

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

下枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0800-805-7623

24時間365日、日本全国受付対応中
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

下枠

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。